よくある質問〜キャスト編〜

更新日:2019年04月03日


よくある質問〜キャスト編〜

LGBTの方の求職や面接・採用後に関して、よくある質問をまとめてみました。一般的な面接との違いはほとんどありませんが、初めてお仕事をする方や全く違う業界から仕事をしてみたいって方などご参考にしてください。

※随時更新

ほとんどの店舗で共通しますが、面接を受けるために身分証明書が必要となります。顔写真付きの運転免許証やパスポートなどが好ましいです。ただ、年齢確認を目的としているので顔写真付きの写真で無くても公的な書類であれば大丈夫なケースもあります。
また、面接の際に身分証明書や履歴書のコピーを取るケースもあります。

学歴やスキル情報を元に採用の可否を決めるのに必要となる場合もあります。ただ、コンパニオンやキャストなどの職種については、接客ややる気を重視するのでほとんどの店舗で履歴書不要となります。

必ずしもスーツやフォーマルな格好で無くても大丈夫です。職種的に接客や容姿を重視し面接をするので、身なりはしっかり整えていきましょう。お店のコンセプトに合わせたスタイルを選ぶのがコツです。

昼は一般仕事、夜はお水といった形で副業でお仕事をされている方も多いです。職種やお店によっても異なってきますが、ほとんどの店舗で掛け持ちでの就労を認めています。また、同業種であっても掛け持ち可のお店はありますが、その際には現在働いているお店にも確認をするようにしましょう。

ほとんどの店舗であなたの空いた時間に自由に働くことが可能です。ただ、多く集客の見込まれる週末や、ある程度決まった時間にお仕事をされる方が望ましいです。お店側としてもあなたを売り込むための計算がしやすくなります。

職種や接客サービス・同じ業種でも地域、店舗の方針によって様々ですが、ほとんどの店舗では日払いとなります。

職種柄、仕事内容やセクシャルな面でなど、家族や友人・知人に身バレを気にする方は多いです。お店側もそういった面を十分理解しているので、風俗店やお水系の店舗はもちろん、LGBTの方を積極的に採用する企業は、法律以上に個人情報を重要視・尊重し管理をしてくれます。また、店内・企業内でも社員教育は徹底されているので、あなたらしく働ける環境を整えています。